FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

本編(仮)第2-2話「えげつない行為」

コメントをクレ~ッ、お前のコメントをオレにクレ~ッ!(ハイウェイスター風)

てなわけで、はーい、よーいスタート(棒読み)
宮比羅水面の親友、鵺塚雷火(ぬえづか らいか)が謎の戦闘員と交戦し、連れ去られた公園。
そこにふらりと人影が現れる。
地面や砂場を観察したあと、倒れている戦闘員から拳銃を取り上げ、まじまじと見つめる。

ちょんまげぽにて

「・・・『カイライ』が2体倒れてる・・・誰かがやっつけたのか・・・
 でも足跡から判断するにこの公園には少なくとも5~7人は居たようだ・・・拉致されたな・・・」

あちち

「それに銃身がまだ温かい・・・
 ということはまだ時間はそんなに経っていない・・・」

ダリナンダアンダイッダイ

「そういえば最近新しい変身ヒロインが出たという噂が立っていたな・・・二人組の・・・
 もしさらわれたのがその片割れだとしたら・・・
 まずい、早く探さないと・・・」





ふんぎ~

組み合う、二人。

「ぐううっ・・・」

先輩なにしてんすか(ry

「おい!!どうしちまったんだよ!!
 ・・・まさか誰かに何かコマされたのか!?」

暴れんなよ、お前(ry

「・・・」

オフッ

彼女は返答の代わりに手加減のない蹴りを見舞った。

「うぐっ」

ズザザ~

「ぐああああっ・・・!!」

強い蹴りの衝撃で、後方に吹き飛ばされてしまう。

ニョキニョキ

『おやおや、ボコボコッスねぇ~・・・青いニューヒーローさん』

突如地面から現われる土管のような物体。
その物体からくぐもった嘲笑の声が響いた。
 
破錠がつらい・・・

一瞬物体の周りが光ったと思うと、そこには怪人が姿を表していた。

「どうッスか?つい数時間前まで一緒にご飯食べてた相手に酷い事されるのは?」

イデデ

「・・・てめえだな・・・雷火に何かしやがったのは・・・
 雷火を元に戻しやがれ!!」

ジャジャ~ン

「やだプー。
 この黄色い子はもはや意志を封印された人形・・・あたしらのオモチャッスよ・・・
 ・・・そうだ、ちょっとバンザイしてくれないッスか?」

「・・・はい」

モミモミ

「ふあ・・・ああっ・・・・・・」

「・・・う~ん、見事にぺったんこッスね。まさに洗濯板」

異常な画だった。
背後から乳房を愛撫されているにも関わらず、撫でられている当の本人は喘ぎ声こそ上げているものの、
嫌がるどころか身じろぎ一つしていなかった。

どうやら彼女は怪人の言うとおり、完全に支配下にあるようだ。

NTR

「っ・・・」

「おやおや、エッチなモノ見せらせて盛ってきたッスか」

「てんめぇぇ・・・っ」

「ああ、そうそう」

お前らいつの間に・・・

音も気配もなく、3体の戦闘員が現れる。

「万が一のために一応こっちの戦力追加しておくッスね」

「・・・っ」

アッー!

「はぁ・・・はぁ・・・」

「てなわけで、あんたにも人形、カイライになってもらうッスよ」

やべえぞやべえぞ

「ふ、ふざけやがって・・・誰がテメエらのパシリなんかに・・・」





カツーン

「あははは、なかなかうまくやってるじゃないか、マシンリレイヤー・・・」

・・・

「でも、これ以上うまく行き過ぎることはないよ・・・」

ニヤリ

「"アイツ"がいるからね・・・フフフ」



痛い痛い

「ぐっ・・・」

放たれた弾丸が二体の戦闘員を穿った。

どどどどどどどどど

「これで・・・二人・・・!!」

ガシャ

「くたばりやがれ、変態野・・・」

目の前の怪人に銃を向けるが、しかし・・・

すとっぷ

「ちっ・・・おいっ、どけ!邪魔だ!」

射線上に、傀儡と化した親友が立ち塞がった。

「・・・」

じゃま~

「あはは、さすがのあんたでも知己はぶっ飛ばせないッスか」

「くそおおお・・・」

ためらったその一瞬。

ヨイショット

ガシイ

「しまっ・・・
 まだもう一人残ってやがったのか!」

危ない!

羽交い絞めにされた親友に向かって、
文字通り敵の傀儡と化した雷火が、無情にも突撃槍を突き出す。

ああっと!

「うわああああああーーーっ!!!」

あれ?

槍は脇腹を掠めていた。
どうやらわざとずらしたらしい。

「ら、雷火、お前まさか元に・・・」

・・・!!!

「・・・」

ビリビリ

バチッ バチバチッ

あれれ??

「なあっ・・・」

槍の穂先から、雷光が放たれた。
雷撃は戦闘員ごと水面の身体を包みこみ、身を焦がしていく。

ミギャアアア

「うっぎゃああああああ!!!」

。。。

凶悪なまでの電圧を身体に掛けられた水面の意識は、ブレーカーが落ちたかの如くブツリと切れてしまった。





アヘアヘ

「あ、ああ、あへ・・・」

電撃で気絶させられた水面は衣装を剥がされ、寝かされていた。
身体中の穴という穴から汁を垂れ流し、無残な姿を晒している。

ふみふみ

「あらら、ひっどい有様ッスね、こりゃ」

ぴーんち

「さあて、彼女もさっさと改造しちゃいましょうッス」

あ”・・・

(・・・こんなことになるなら・・・首・・・突っ込まなきゃ良かった・・・)

ぶれぶれ

(ああ・・・視界が・・・ぼやけて・・・きや・・・が・・・)

残暑です

「・・・あれ、なんだか急に暑くなってきたような・・・
 今って夕方ッスよね?」

アチイイイ

「おわああああああっ!!!」

突如発生した爆炎が3体のカイライをあっという間に包みこむ。
そして炎が消えたと同時に・・・

川の字

順番に倒れていった。

「これは・・・まさかぁ・・・!?」

顔グシャグシャ

(あ、あの人は・・・まさか・・・・・・)

ゴゴゴ

「そこまでだ、"救済のマシンリレイヤー"・・・」

「くそったれ~、今度はあんたッスか、久しいッスね」

がくっ

「・・・くふっ」

救世主の登場に安堵したのか、少女は糸が切れたように気絶した。

またまたまた新キャラ?

「・・・待ってて、今助けるからね・・・」



まだ続くお
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

リクエストに応えてコメを

おお~う。次から次へと,新キャラ登場し,展開が早い!カイライ子達が何気にゾルダぽく見えるのは自分だけ?(笑)

あの2名 公園に置きっぱなのね(;゜д゜)
パタリコンと倒れる3名がてきとーすぎ(´∀`)

そして、次週割と早めに敵の手先になってそうな
エロいねぇちゃん登場(*´Д`*)ktkr

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>悪堕ちキッドさん
まずはキャラを勃たせ立たせないとですね・・・
北岡弁護士はいいキャラでしたね、ホント。

>こはくさん
戦闘員の扱いってこんなもんですよ・・・

このねーちゃんはもうちょっとしたら・・・かもです。

>deadbeetさん
いやあ、拙作を褒めていただきありがとうございます。
こちらからもリンクをお願いします。
プロフィール

行動隊長チノマナコ

Author:行動隊長チノマナコ
プチ改名しますたその3

PIXIV
FC2カウンター
TWITTER
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。